2015/05/09

「小西録」vol.2(vol.1から続く)



はじめにお読みください

Wikipedia[[小西寛子]]書き込み者等への通告
 
 各位(対象者:https://ja.wikipedia.org/wiki/ノート:小西寛子)

 ご承知の通り、小西寛子事務所等に対し連日Wikipediaを名乗るものから「Wikipedia荒らしの件でコメント依頼が出ています。返答しないと、あなたがたの利用者情報が公開されます。」という通知が、弊社事務所TWITTER等に反復継続してなされています。
 特に、「荒らし」等の名誉毀損表現だけでなく、記事を直接的にも書いていない小西本人を名指し「得体の知れない情報を公開する」という反復継続した脅迫・強要の趣旨を持った通知文であり。本人を畏怖させ、これにより恐怖していることもありこの事実に関しては、既に警察等に届け済みであります。
 こういった脅迫通知文は、「ここでは法律云々や人権侵害などよりも、まずサイトのコミュニティを順守することが求められています。」等、法律や人権の存在を無視した主張と「返答しないと利用者情報を公開する」という「義務の無き者へ、行為を強要する」内容を含み、既に刑法上の強要罪等に相当する行為ですから、前回、本件事務所ブログで告知した本件各通知の不履行状態との関連性も踏まえ(米国等へ内容証明等送付する手続きの関係上)、管理者、記事作成者問わず、社会通念上の道徳的解決や社会的責任を無視していることがうかがわれる為、事務所としても書き込み者特定の上、損害賠償も視野に入れ、被害届けだけでなく、正式な刑事告訴等も検討し、こういった他人を陥れる犯罪行為に対し断固たる決意で対応させていただきます。

平成27年5月9日 OFFICE SQUIRREL LLC.


Wikipediaで最終通告しました。
  現在、各種調査における重要な時期ですから、こういった挑発に参加しないよう求めます。- 
-Officesquirrel LLC(会話) 2015522 () 13:32 (UTC)
本件は、米国legal@wikimedia.orgに調査を廻送しました。




vol.2イントロ

ツイッターで、私の縁故関係者が防衛省に・・・、
知人の親戚が元検察という話をした頃から、
なんだか変な書き込みが増えてきましたが、
そういうのも縁、そして事実だからしょうがないんですよ。
いままで、私に関することで、
嘘をつき、周りに信じさせまくっていた人達がいるということが
よくわくわかってきました。
嘘や風評を使い、社会を混乱させる方向に導くことにつながる
こういったやり方は、
狭い日本ではすぐ混乱して仕舞うでしょうね。



ちょっと怖い話。
十数年後に聞く
真実の話。

あるアニメ製作関係者とマネージャーの会話の実体を知り、
私は驚いた。
こういった直接のやりとり。
はじめて聞いたとき。
やはり衝撃を受けますよね

翻訳(抜粋)

担当M「無断使用はルール違反だと思うんですけどね・・・」
 同 「事前にというか、後でも報告ぐらいはいただけると・・・」
某Prd「なに生意気な。」
 同 「生意気なこと言ってると、番組全部出られなくするわよ・・・いい?」
 同 「仕事できなくなるわよ」
 同 「私をなめてるの?使ってやってるんだから黙ってやっててくんないと・・・・
    ねえ」等



田辺エージェンシー
在籍時、
ある方からの誘いで
研音さんへの
引き抜きがあったこと
について

vol.1で、田辺エージェンシーさんと私との
契約切れについて書きましたけれど、
実はその間の契約期間中に、
研音さんに行かないか?
というお誘いの話があったのです。
勿論、田辺エージェンシーさんには大変お世話になっている状態で
そのような話を考えることも余裕も無いわけですね。
そこんとこ誤解無くいうと、
田辺の総務の方の紹介にて知り合いになった女性の方から、
その後少し、仕事を通じ仲も良くなって来た頃、

「研音の方と会う話が出来ている。」

小西さんさえよかったら、研音の担当者(マネージャー)
とあって話をしてくれないか?
など、携帯やメールなどで度々誘いがあったのです。
まあ、ご存じの通り、不義理になるから
それはしないでフリーになったわけで、
その女性の紹介(セッティングもあって)
研音のマネージャーさんとは一応お会いしましたが
(研音の方もその時点で田辺に所属してるとは
認識してなかったようですし、話に齟齬があったので、
マネージャさんは「小西は無所属と聞かされていた」のかもしれませんけど)

その後暫くしてLMAさんにお世話になったわけですけれど、その後が大変で、
その方から強い口調のメールなどが沢山あって、
それで関わるのがいやになってしまったのも事実。

そんなことはないと思っていますが、
たとえば研音さんなども含めた関係者さんが勘違いで、
私を不義理に思っていらっしゃるなら
証拠も沢山ありますので、
是非ご説明させていただく機会も可能ですよ。
でも今の事務所のスタッフの中で、
研音さん関連でかつて大変お世話になったことがある
方もいるようなので世間は狭いですよね。


放送局系音楽出版社の
TTMという会社のある方に
女性がいやがる
話をし、
その方とのご縁を切らせた
ある話について。

実はその”ある話”はよく出来た話で、
とても複雑な事情を絡むんですが、

「突然話をされ、返す言葉も無かったよ」
「信じているようだから、残念に思った。」
「まあ、縁が無かったということで」

というある方の言葉が刹那かったですね。
私はそのある方とその後お会いしたんですが、
こういった縁の切り方をされていたとは知らなかったので、
近年これを知り、その時知っていたら
もっと色々お話出来たのに。
と思いましたね。
私は一応女性ですから、そういう気持ちは理解できるのです。
ある格言に、
ゴシップは言った人、ひろめた人、言われた人、
が倒れるというものがありますが、
言った人は、未だ倒れていないでしょうね。

でも、
いつか倒れるでしょうけれど。


関係者のA氏と、
島﨑和歌子さん
小西寛子との比較のような
下品なことが
掲示板に書いてあると
S氏から聞いた。

それはA氏と島﨑和歌子さんが一緒に
掲載されている番組テレホンカード。
ネットで公開され、
悪口を書いているTWITTERがあるのは
私も見せてもらいました。
それのちょっと前らしい書き込みに、
少し下品なことが書いて有り、
それを聞いてA氏は、
私ごときの与太話で
島﨑和歌子さんが変なネタにされて
申し訳無いね、
ある時期大変お世話になった
ゴールデンミュージックさんに
「ご迷惑をかけてと謝罪しなくてはいけないね」
と言っていた。
しかしA氏はそのあと
ネタにしながら、
島﨑和歌子さんサイドに気を使っている書き方に注目していたようで、
A氏は「開示請求すれば誰だかわかるんじゃない?」
といっていた。なるほど。


社会問題化されている
ネット商品のやらせレビュー。
名誉毀損書込みを通して
背景や人物像を探る

例えばインターネット検索などで、
オートサジェストや関連検索に
「犯罪者、ヤクザ、問題を起こす」などが表示されるのを
見た方も多いと思われます。
簡単に言うと、
検索をするときに、キーワードを故意に追加しておけば、
過去にキーワードで検索されたものが次回優先的に表示されるため
嫌いな人物の名前+犯罪者と入れておけば
そういった表示がなされ、見るものに〇〇は犯罪者
というイメージを植え付けることが出来るのです。
現代的な名誉毀損行為の形ですね。

 話が横道にそれましたが、
たとえば、刑法にある名誉毀損罪というのは、
「被害者の社会的評価を低下させるに足る事実を摘示する」
というものですが、私の商品が存在するアマゾンの商品レビューの
表現を例に、見てみるとすればどうなるのでしょうか?
(*平成27511日現在Amazonによる削除)

 内容は「投稿者 シエル先輩 投稿日 2015/5/5
 カスタマーレビューの検索
 素人芸
「おじゃる丸」をクビになって、タレントへの転身にも失敗して、
 表舞台から姿を消していた人が、自主制作で細々と歌っていたとは
 ネットというのは面白いものです。歌詞は中学生並、曲も ボカロ以下で、
 素人さんの自己満足レベルでした。
 録音機材は良い物を使っているようで、その 点だけはしっかりしていますが、
 中身がこれでは、メジャーな舞台にカムバックするのは無理でしょう。

という表現になってます。
既にこの部分だけみても、音楽批評の趣旨を超えた人格攻撃であり、
名誉毀損罪の該当性は明らかなんですけれど、
現在、こういったネット販売商品の商品レビューにおける
「やらせ問題」や、「業務妨害」
などが問題になりつつあります。
そういった時期でもあり、
こういうレビューを書く人物はどう言うものなのか、
何か背景はあるのか?
組織的(業務・営業的)なものなのか?
単なる私怨による逆恨みなのか?
私も興味がある、社会問題を含む名誉毀損事件として
探索したいと思います。

私個人的には、ストレートや客観的な音楽の批評は当然受けますし、
それで勉強したり、表現として未熟な部分を特訓したりするわけですから、
非常に参考になるわけです。

まあそれより何より、頑張って働く人達が、
みんなでギターで歌えるような
わかりやすい歌をつくらせていただいたつもりなんですが、
「自衛隊員さんやトラックの運転手さん」
などから激励をいただいたんですが、
「中学生並みの歌詞」という表現は
彼らに対し、ちょっと寂しい思いの投げかけのような気持ちがしますね。
洋楽や、ビートルズの詞に対しても言われている気になるし、
そういう表現はどうなのかと、悲しくなるよね。


なんだか法的対応に
追われていますが、
そもそもこういう義務なき
ことを負担させる
事件が継続しているので
十数年も
正常な状態の
仕事にならなかったですね。

Amazon musicの新たな
書き込みは上記の内容に加え、特に酷いものです。
名誉毀損だけでなく、
営業妨害する事実。


投稿者 シエル先輩 投稿日 2015/5/10
「おじゃる丸」といえば、西村ちなみさんの主演作として有名ですが、ごくごく初期のほんの僅かな間だけ、別の声優さんが演じていた事があります。彼女は、欲に目がくらんで、大ヒットアニメの二次使用料を要求し、NHKから解雇通知を受けました。そんな人間が10年以上の時を経て、アーティスト気取りの曲を出しても、それはもう喜劇としかいうほかありません。説得力というものがないのです。

というものです。
特に、「欲に目がくらんで」という部分はもう、
とてもとても話になりませんねえ。


Amazon iTunes他ダウンロードストアで
5月22日発売予定の新曲は、
小西寛子に対する名誉毀損被害、
事務所に対する各業務妨害等により
発売を延期(停止)させていただきました。

作詞・作曲作業への影響や、
スタジオ録音作業への妨害、
予定されていた広告・PR掲載の中止
ビデオ撮影から現在販売中の
本人出演作品への
多数作品への
影響も出て来ています。
毎度のご愛顧を元に、
ご購入を予定されていた皆様には
大変のご迷惑をおかけいたしますことを
お詫び申し上げます。



明らかに、
人の社会的評価を
下げる目的で
小西は脱原発だ!
反原発だ!
などと
繰り返しツイート
している者がいる。

当時の小西はどう言う状況だったか、
なぜ、事故を早く収拾させて欲しいと願ったか、
発言やメッセージには、
相当の理由がつきものなのです。
ウィキペディアや、ツイートなどで、
事実、真実も知らずに、
執拗にイメージダウンを繰り返している
もの達がいますが、
「事実を何も知らないで、書き込みをしていること」
とだけ表明しておきますから、
の書き込み、そしてこういった人物を、
沢山のものが(声優さんもいるみたいですが)
フォローしているという事実。
この方の書き込みを覚えておいてください。



ご注意*一部のTWITTERなどで「小西寛子が2ch掲示板を愛読」、「その他ツイッター等アカウントを示し、閲覧、もしくは書き込みをしている」などの事実無根の書き込みがみられるようですが、これまで同様に、「名誉毀損事件に係る被害事実の確認、証拠確認以外にはこういったものを本人が目にすることはありません」。
加害の意思を持った、これら書き込み犯人を隠匿、若しくは協力、犯人と共同でする行為者以外は、安易なRTや拡散等の犯罪行為をなされないようにご理解を求めます。


2015/04/27

良くわからないけど残念な感じをあらため「小西録」vol.1


こちらを必ずお読みください(公開通告文)。


*事務所として、当該wikipedia[[小西寛子]]記事作成者への公開通告になります。

ーwikipediaという大多数に閲覧可能な状態にある本件記事は、
その性質から、書き込みにおいては法的責任が伴うものであり、
「本人が(及び権利当事者、本人代理人等が)、事実とは違う」と主張している記事を
殊更否定したうえで圧し、不実を書き込んだりし、権利当事者等が名誉、営業状態、事
業を正常に回復させるための修正を加えたものに対し、「荒らし」などとし、法に反し
て義務無き返答や開示を要求するなどしている本件各行為について。ー

 尚、前提として、「こでは法律云々や人権侵害などよりも、まずサイトのコミュニ
ティを順守することが求められています。」などの表明がみられますが、弁護士など法
律の専門へ相談することを強く推めます(平成27年5月8日追加)。

以上を検討した結果、記事作成者に対し、
「事実・真実に基づいた記事への修復等、債務を履行するよう通知をします。」

                   記

  掲載場所:①https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小西寛子&action=history
       ②https://ja.wikipedia.org/wiki/小西寛子
       ③https://ja.wikipedia.org/wiki/ノート:小西寛子

  履行期限:平成27年5月3日から同8日まで

尚、名宛て人は現時点では匿名であるが、当該wikipedia記事作成者、管理者等は、法的
責任が存在する「相手方」としての債権の発生、及び債務者の存在をここに通知します。



                     平成27年5月3日 Office Squirrel LLC

                                  以上  




“人の歴史を勝手に決め、
嘘をついて得をする人々。
不都合な真実ですか?”

例えばデビュー作は、
本当はパルケスパーニャ
ミュージカル・ドンキホーテのフェリアマヒカですけど、
Wikipedia小西寛子にデビュー作等の間違いがあったので、
作業中のスタッフと事務所から休憩中に修正したんですけれど、
ノートとか言う場所にお願いをして直させていただいたのですが、
誤りを訂正させていただいた事実を「気に入らない」らしく
驚いたことに、私のデビュー作も「それじゃ許さん!!」
と言わんばかりに違うものに変えちゃうので驚き・・・。
デビュー作がミュージカルじゃこまるんでしょうかね
(これじゃ嘘つき)ですねw
「真実を確認」「反証を避け」
「誰が勝手に修正したか?」の犯人捜しに論点をすり替える、
そういうのだと「論点すり替え」になってしまうので、
結果、事実を置き去られてしまうのですね・・・・。


アーツをやめて田辺という話、
田辺エージェンシーさんには
きちんとお世話になりました。

「アーツビジョンという会社から田辺エージェンシーに行った」と言う話。
書面にすると、アーツをやめてフリーで活動していた時に、
原氏というマネージャーさんからの紹介で、

「ホントはX氏を連れて行こうとしてたんだけど、
 小西さんがフリーだったので声かけました」

と声がかかったので、田辺エージェンシーさんにお世話になり、
その後、2年間の契約期間満了でLMAさんにお世話になったのが事実です。

田辺エージェンシーさんとは契約書もある。
ここでも過去書かせてもらいましたが、「ひめきりん」氏という方の
声優批評とかいうブログで「大手芸能プロダクションを敵にまわして」
などの書き込みがありましたが、
だれが言ったのかわからないが「大嘘」。
円満満期契約(契約書通り)ですから、
芸能界のルール(引き抜き、スライドNG)は守っていた。
この頃からよくありました、
私を問題児に見せたいといった嘘。

過去、「田辺エージェンシーをやめる際、何かもめたんですか?」
と、供述調書の警察官にきかれたことがある。
その時も「契約期間満了ですよ」と回答している。
芸能界にはきちんとしなけれなければいけないところが筋としてあるので、
嘘をつかれるとたまらない。
田辺エージェンシーさんにも迷惑がかかる。

話を戻すと、アーツをやめたあとに秘書サービスを利用しているので、
実質フリーの立場でしたよ。
「女優やテレビの仕事がやりたくて田辺に入った」と言われてますけれど、
テレビの仕事をやりたくて入らせていただいたわけではなくて、
声優事務所でも芸能事務所でも問わず、
役者の仕事ができて面倒見てもらえれば良い場所を考えていましたので、
いずれにしろ「アーツから田辺に引き抜きで行く」というのは不義理ですし
フリー期間があるからこそ、問題も生じないで仕事が出来ましたし。

でも、なんでアーツをやめたの?って聞かれることも多かったですけど、
ある程度の人は知っているはずなんですけれどね、
前社長とあまり接点はありませんでしたけれど、
アーツビジョンさんの当時マネージャーさんに聞いていただければ
良いかと思いますね。
ただ、単純に解決出来るものであっても、争う意思があったりすると
なかなか修復できないものなんです。
この話は今度。


ウィキペディアという辞典で、
人により私の人生の一部を
主観的に評価されることについて

話はもどってウィキペディアの話、
わたしの仕事について、なんか違った信念がある、
それとも、そういう仕事されると迷惑なのか、
声優・女優業だけでなくて、
なにか、歌手とかの肩書きにもこだわっていて
私は自分で作詞・作曲し演奏をしているのに、
シンガーソングライターという表記は駄目みたい・・・(笑)
嫌いみたいで、書くと消す(笑)。
すごいですね、
表現の自由とか、営業の自由、まったく自由はありませんね。
裁判所の判断(地位などの事実認定)を掲載しましたけど、
どうやら、
匿名KINGライターさんの方が裁判官より
上位者のようじゃないですか。












ところで、

驚いたのはISRCコード付けされた販売用の
楽曲番号(商品番号SQ**−**とか)までも
Wikiから消したりするので????
わたしにもさっぱり????趣旨不明でわからなくて
なんだかってな感じ。


脱原発というより、
脱日本嫌いの人々かな。

さて、大事な原発の話。
事故したら廃炉しなければなにも進まないから、
子供達や住民達のために
すぐさま廃炉して欲しいという気持ちが
いつのまにか脱原発運動家になっていたり、
オマケにメッセージを一回、しかもメールで送っただけで、
「脱原発団体でサヨ活動をしている」などとイメージ付けてきたり
色々ありますけれど、
見ての通り「脱原発国際会議」にも呼ばれていませんし(笑)、
私も、とりわけこの団体からお誘いがあるわけでは無く、
全くどこにも出席もしていないんです。
送信メール、未だ取ってあるけど
スタッフが(元)という誤植を直してくれと
通達したものも未だ修正もしていただけず(笑)
ちょっと残念ですけど。
私がなぜ、こういうメッセージを出したか、
誰も気がついてはもらえないだろうけれど、
世の中は反対運動ばかりで何も進まないですが、
企業として利用者をケアする役割はないかと、
東京電力の本社の方にお話していたこともある。
そんな中、
必死に作業している声をお聴きする
機会もあったので
未だに建設的なことを考えているんです。


ストーカー規制法は
ネットつきまといにも。

一応女性の私に、
ストーカー、つきまといのように粘着し、
まあ、普通だったら悩んじゃったり考えちゃったりするんだろうけれど、
私はロンリープレーヤーがデフォルトですから(笑)
そのうち厳格な手続きはしようと思います。

そうはいってもこの時期、

決算書作成や、これまでの侵害情報の通知書、
音楽製作までやることはどっさりある中、
掲示板等に書いてあることなど
スタッフからは断片的にきくけど、

あらかじめお伝えしますが、

残念ながら、
「掲示板見てるだろう」だとか、
「気にしてるだろう」などおもわれても、
その辺の一切については、
重大な違反書き込みの報告があり、
それを閲覧させてもらう以外に
自分から掲示板は見たりはしないので
張り付いて書き込んでいるようなイメージとか、
過度な期待しないでください。


土俵、
法廷と匿名掲示板
は同じではない。

私に関する
数々のまとめサイトが出ていますが、
読んで、いじめて、すっきりしました?・・・それならよかった。

まず、小西は悪い奴だと先入観を与える。
小西寛子じゃない人を、小西寛子とダブらして、

「小西寛子がこういうこと言っているぞ!」

なあ?俺の言うとおりだろ?・・・悪いやつだろ?
さあ、みんなで叩け!徹底的に叩くんだ!
「元声優だ!」「元声優!」って言い切れば
俺(自分たち)はスッキリする。

ほら勝った!、小西寛子を晒してやったぞ!

音楽をやらせないぞ!声優?もってのほかだ!

俺たちは偉いんだ!やらせるもんか
ほら、みんなが言っている!乗り遅れるな
小西寛子を晒せ!
音楽売れなくするんだ!
誰も買わなくなるくらい。
生活を奪ってやるんだ!

俺たちに逆らう奴はこうさ!みろ!小西寛子のようになるぞ!

ていう感じに聞こえる。
・・・ていうか、いままでもそう。
何年も何年も、10年以上経っても。


NHKに干された!?

「NHKに干された」という記事をよく見ますが、
NHKは公共的立場の放送局であり、俳優を「干す」などの表現は、
「労働に制限を加えたり、自由な営業を阻害したり、妨害したり、
様々な不利益相当の行為」などの尊厳を冒す
「生活を奪う行為」をしているとも取られかねない表現ですね
だれか、NHKに聞いてみてください。

良く「干した」「干された」などの表現を
平気で使うメディアを見ます。
万引きと同じで、本当は法律違反だったりするはずなのに、
平気で「干してやった」となどと公言。


生活の糧。

なんで生きているか。 
残念ながら、私は死なないけれど
営業ということを考えて見れば、
そういった名誉毀損や風評で、
デジタルミュージックも売れなくなり、
このままでは会社もたちいかなくなる。

去年も、
その前も、
この間も。

音楽を必死に作り、必死に演奏して、必死に歌って。

去年も、
その前も、
この前も。

同じ妨害の繰り返し。
そんな妨害があるから、
それに打ち勝てるもっと心の込めたものにしよう。
もっと、もっと。
そう思って、ひとつひとつ進歩するように作っていく。

でも、会社がたち行かなくなったらギターも売らなければならないね。

残念だね。

AMAZONみていただければわかるでしょうけど、
何時もこういうことはじまると
全く音楽が売れなくなる。

残念だね。

どうですか?虐めるほうとしては、
会社つぶしてやったり、
小西寛子叩いてれば幸せなんですよね。

残念だね。

まあ、いつかは大きな罰があたるだろうけど、

私は、ギターがあるうちは歌いたいですね。

ただ、見せしめ「小西のようになるぞ!」
という話を聞いたら、私に連絡してください。


小西寛子が、
ライバルや
勝負にもならない
声優の悪口言って
どうする?

最後に、事務所ツイッターをフォローをしてくれている方のツイッターが、
「私の別アカウントで、私が言っている!」などと決めつけ、
「小西寛子が悪口を言っている」という「まとめ」がありますが、

そのまとめを書いた張本人が「なりすまし」もやる
というオチが付いたのは極最近の話。

このまとめ、「私ではない人のツイッター」に
「写真、ジャケット写真、テレビコマーシャルカット」を示して
「小西が別アカで悪口言っている」という
プロモーションしているんですけれど、

「私じゃない、全くの他人を、私として言い切っちゃって、走っちゃったものに」

どう収束させるんだろうかと・・・
まあ、汚れたものはしっかり拭いてもらいますけれど。

私のツイッターは事務所で与えられているもの一個で、
しかも今やパスワードもわからないものしかありませんし、
基本的に、ブログもなにもかも事務所任せなんですよ。

当然今書いてるこのブログさえ全く使えませんし。

ましてや前述しましたが、ウィキペディアの編集なんて夢の世界。
これは大昔からずーっとこういうスタイルですから、書記官がいるか、
別の役者がいるか(笑)みたいな感じです。

わたしは役の仕事以外は「自分の時間」。
だれともほとんどつきあいもなく、特に、グループにもなじめないので

 「あの声優さんがどうした」

とかいう話などには、全く興味が無いんですよ。
基本的に、役柄もなにもかも違うので

「勝負にならないし」
「ライバルでもない」

わけだから、「誰かの噂をしたり、悪口をいう意味は無いんですよ。」

TVドラマのように「役が来なかったら奪おう」

なんて気もさらさら無いし、来なかったら来なかったで
何年もまっていたりできるんですよ。
そういう中にも100年に一度の、 
お陰様で、今でも話題になるようなとても素晴らしい作品に
巡り合わせていただいたじゃないですか。
もちろん、こんなことされてばかりいるし、
今後もまったく声かかることなんかないし、
とーぜん期待していないですしないと思います。
これは本当に、一生のうち何回しか来ないチャンスや運、
巡り合わせっていうものですから。

それぐらいチャンスや運ていうのは気まぐれなものですからね。
でも、光るときは光るんですよ。
生意気かもしれませんが、スタッフの全てがピーンと
神がかる感じでなんだかヒット作は
生まれる気がしますね。
ただ、いまやシステムがまったく違うので、
もうそういぅた古典的な感覚は時代遅れなんでしょうね。

私は今回の件で、体力的にもとても疲れて、集中できないので、
たいへん困っていますけどね。
そういうメンタルっていうのは、いずれも他人には、わからないでしょうね。
だから「役者が悪口ですっきりするかしないか」のような
役者の立場に立っていないスレッドができるんでしょうね。


金をせしめる
すごすぎる表現
書いた人間の
思想や感覚が
書かせたかどうか

「元声優、小西寛子がネット訴訟で賠償金をせしめようとしている」

という「金をせしめる」せしめようとしているなど、
詐欺師や強盗犯が使うような「さもしい表現」を使って
社会的評価を低下させ人格権を侵害している。

こんな言葉は想像もしない表現。もう、許すべき余地はどこにも存在しない。



                             次回vol.2へつづく


〇刑事手続き開始のお知らせ

前略
 皆様いかがお過ごしですか。小西寛子所属事務所Office Squirrel LLCです。
 弊社所属小西寛子に対する、インターネット上の名誉毀損書き込み「元声優、ネット訴訟で賠償金をせしめようとする」http://togetter.com/li/813831他などにつき、弊社小西寛子は、平成27428日午後15時ごろ、長野県警長野中央署へ出向き、「小町@tomosensei、及び、拡散協力者のアニメセイユウ@animeseiyu」などの「元声優、ネット訴訟で賠償金をせしめようとする」などの名誉毀損書き込みにおける刑事告訴手続きを開始し、同日1730頃刑事調書化されました。
 同人らは、侵害書き込みの中止を求める弊社からの要請も無視し、翌29日明け方ごろも、同「小町」並びに「アニメセイユウ」のアカウントから「小西寛子」といタレントの具体的名称を加え、更なる名誉毀損行為を加え、本人、並びに事務所の業務を妨害しつづけたため同291030分、及び、夜22時ごろ、長野中央警察署へ追加報告いたしました。
 同人らは同月30日明朝には、弊社からの要請を受け付けないよう、ブロックと呼ばれる排除措置をし、「小西寛子所属事務所OfficeSquirrelLLC」マスコミに訴えるも反応ゼロ」http://togetter.com/li/814478などとスレッドを追加し書き込みを続けているため、同日午前11ごろ、長野県警中央警察署に被害の追加報告をいたしました。
 この際、状況を確認したところ、捜査は刑事1課に引き継ぎがなされたとの報告を受けました。
 小西寛子、及び弊社は、昨年度も名誉毀損事件が発生しており、事案は検察官送致送検されておりますが、本件を加え、捜査の行方を見守るとともに、今後も厳正な処分で望む所存であります。

                                       平成27430Office Squirrel LLC



*著作権表記最下段 



            「小西録」Vol.2はクリック